Learning Tree

  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree
  • Learning Tree

国際小学部

カリキュラム(小学午前部・小学午後部)

Curriculum

午前部・午後部どちらも、ラーニング・トゥリーの大切にする価値を共有し、Council ofInternational School (CIS)のグローバルシチズン育成のためのガイドラインに沿ってカリキュラムを組んでいます。アカデミックの柱として、アメリカのコモンコアの基準に沿いながら、定評ある教科書RevealとBenchmarkAdvanceを使います。

1. Social-Emotional Learning 社会的情動的学習
社会的・情緒的学習は、人の発達や成長においてとても重要な教育の要です。Collaborative for Academic, Social, and Emotional Learning (CASEL)をフレームワークに、生徒の学力向上の土台となる社会性や感情 コントロールを学びます。自己管理、自己認識、社会認識、人間関係、責任ある意思決定などに関するトピッ クについて学習し、話し合います。生徒たちは、自分の感情をうまくコントロールしながら、仲間の感情にも 配慮する方法を学びます。また、自分の行動や決断が日々の生活にどのような影響を与えるかも考えます。

2. Benchmark Advance 教科横断型学習
アメリカで定評のある「読む・書く・話し合う」ことを通して学ぶBenchmark Advanceカリキュラムhttps://www.benchmarkeducation.com/benchmark-advance-adelanteを導入しています。このカリキュラムの特徴は、文学、科学、社会といった重点分野が言語教育と密接に連携した教科横断型であること、学年が上がるごとに関連知識を深めるスパイラル方式であることです。生徒は各学年で必要な情報や知識を習得し、ディスカッションを通して視野を広げ批判的思考を養い、トピックと語彙を増やしていきます。BenchmarkAdvancedカリキュラムは、コモンコア・スタンダードに沿ったもので、実社会の視点を取り入れた生徒の心をつかんでくれるテキストです。生徒たちは3~4週間かけて、1ユニット(一つのトピックを探求するために複数の文章を読みディスカッションする)を学習します。金曜日の探求の時間(Reserch & Inquiry) には、Benchmarkのトピックに沿って理科の実験や工作などを行います。

3.Reveal Math 算数
算数は、コモンコアスタンダードに沿ったRevealのカリキュラムと方法論を活用しています。新しいスキルの習得プロセスは、意味を理解するためのセンスメイキングルーティンと、何を導きだすために学習しているか目的に焦点を当てたフォーカスクエスチョンで構成されています。算数を身近にするアクティブな授業体験を通して、抽象的な概念に移る前に、まず数学的なものの考え方を発展させます。この洞察力に富むRevealは、生徒が算数に苦手意識を持たず意欲的に取り組めるように、グロースマインドセットを促進させるミニレッスンがついています。また、複数の評価ツールによって生徒の進歩を把握し、効果的な学習の個別化を実施し、生徒一人ひとりが楽しく算数に取り組めるように指導します。

トップへ